2014年10月20日

小渕経産大臣の後任に片山さつき氏?

びっくりです。
まあ、そういうことなんでしょうか。
でも、どうなんでしょうね。
うーん不思議。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000039-dal-ent
ブラマヨ 出川との共演拒否していた!竹山も「この業界は出川NG多い」
デイリースポーツ 10月19日(日)12時56分配信

 漫才コンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一(41)と吉田敬(41)が19日、TBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」(日曜、前11・45)に5年ぶりに生出演。間隔があいた理由を吉田が準レギュラーの出川哲朗(50)にあると明かした。

 吉田は「もっと出させていただきたかったんですけど、俺らの中で出川さん(との共演)をNGにさせてもらっていました」と激白。司会の和田アキ子(64)から理由を問われると「楽屋での出川さんが好きじゃなくて」と答えた。

 同番組に出演する芸人は大楽屋で部屋が一緒であることを説明。以前、出川が吉田に向かって「正直に言うけど、深夜にお前らがやってる番組を昔は見てたけど、最近は見てない」と吐き捨てたことがあったという。

 出川は「ブラマヨがやってる大好きな番組があるんですよ。それが最近は芸人さんじゃなくて、普通の歌手の人とかが…」と弁明を始めたが、他の共演者の賛同を得られそうになく「その話をしたって分かんないだろう」と笑いながらごまかそうとした。

 すると、カンニング竹山(43)も「この業界では意外と出川NGが多いんです」とかぶせていた。

http://fanblogs.jp/lovelybell/archive/83/0

小渕経産大臣の後任に片山さつき氏が浮上

政治資金に関するスキャンダルで小渕優子経済産業大臣の辞任が濃厚となったため、与党内では後任者の調整が本格化。片山さつき氏をはじめ、いろいろな名前が挙がっている。
片山氏は元財務官僚。小泉総理時代の郵政解散のときに衆議院選に立候補し当選。政界入り。その後参議院に転じる。経産政務官の経験もあり、適任との声が挙がっている。
また、安倍改造内閣の目玉である「女性活躍」を推進するにもうってつけであること、ネットにおける支持が高いこと等から、ネットで熱い支持を受ける安倍総理との相性も抜群であるとの下馬評である。

「片山氏は保守政治家としてネットで人気があり、元ミス東大ともいわれる美貌や、意外と親しみやすい人柄でも幅広い人から支持されています。小渕さんが今回のようなことになった今、経産大臣に就任するとなれば、一躍日本初の女性総理候補の筆頭に躍り出ることとなります。」(事情通)

他に、同じ女性活躍の観点からは、集団的自衛権の行使が重要課題となる中で、防衛相経験者である小池百合子氏や、拉致問題を通じての盟友である中山恭子氏の名前も挙がる。
自民党の女性議員は多士済々。今回のスキャンダルで小渕氏が辞めても、後任探しに困ることはなさそうだ。安倍総理も心強い限りだろう。
posted by ひまわり at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

安倍内閣、拉致問題を解決の見通し


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000524-sanspo-spo
チャン・コーチ「誰よりも娘が圭を笑顔にしている」 米紙インタビューで告白
サンケイスポーツ 9月8日(月)17時47分配信

 全米オープンで決勝進出を果たした錦織圭(24)の躍進とともに、海外メディアは錦織を支える元全仏オープン王者マイケル・チャン・コーチ(42)にも注目。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)はチャン・コーチのインタビューを紹介し、自分がコーチになる際に「家族は常に一緒」などの条件を伝えたことや、初対面で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)を「僕のアイドル」と言った錦織に「そんな憧れの感情を抱いていたら相手を負かすことなんてできない」と話したことなどが掲載されている。

 家族とともに遠征先に移動するチャン・コーチは、「簡単ではない」と前置きしながら、選手、コーチを含めテニス界ではツアーなどで通常の生活が困難であり、離婚が多いという。そのため、コーチ就任前に錦織に「家族と離れたくない」と伝えたそうだ。錦織はそれを受け入れ、時にはチャン・コーチの家族とともに食事にも出かける。チャン・コーチは「コーチ陣の誰よりも娘が圭を笑顔にしていると思う」と家族ぐるみでの良好な関係も明かす。

 チャン・コーチは初めての出会いで、錦織がフェデラーがどんなに偉大かという話をしたことも告白。それについて「ロジャーとはまだ争う選手だろう」と投げかけると、錦織はその意図がよく分からなかったようで、チャン・コーチは「これからも戦う相手に憧れの感情があったら、決してロジャーを負かせない」という話をしたと振り返る。

 アジア系かつ、世界ランク15位前後に留まり、92年に兄カールがコーチとなりトップ10入りを果たした自らの状況を錦織の現状に重ね、「圭のトップ10入りという目標を助けられるいい機会」と話すチャン・コーチ。すでに5月に自己最高の9位をマークした錦織は、全米オープンで優勝すれば、世界ランキング5位に入るという。将来的にどこまでランクアップできるか。それは錦織とともにチャン・コーチの挑戦でもある。



安倍外交の勝利!9月23〜29日あたりに北朝鮮から拉致被害者8名以上、特定失踪者40名以上の奪還見込みか?内閣支持率上昇で福島県知事選、沖縄県知事選も勝利へ

北朝鮮の拉致再調査の結果が9月にも出る見込みとされてきたが、より具体的な話が出てきており、いよいよ調査結果の発表が秒読み段階に入ったようだ。
事情通によると、政府は拉致被害者の奪還について楽観的な見通しを強めており、具体的には政府認定の拉致被害者で未帰国の12人のうち、少なくとも8人以上は帰国できるのではないか、とのことである。
「北朝鮮としても、なんとしても日本との関係を改善して、経済制裁の緩和を受けて経済改革を進めたいのが本音です。トップの金正恩第一書記は、先代の金正日総書記よりも経済に明るく、今のままでは国が立ち行かないことをよく承知している。それに、拉致を主導したのは金正日総書記時代の話であり、自分自身が手を汚していない正恩氏には切りやすいカードです。」(事情通)
「時期的には9月の下旬、23日から29日あたりが有力です。安倍総理は最近、精力的に外遊を行っていますが、この時期はちょうど小休止になっています。また、直近の重要な選挙である福島県知事選や沖縄県知事選に向けて、勢いをつけるためにちょうどいい時期でもあります。」
こうなると、俄然、誰が帰国するのかが関心事項となってくるが、
「誰が帰ってくるのかは本当にわからない。もちろん、横田めぐみさんが返ってくるようなことになると、インパクトは大きいが・・・。」
彼は言葉を濁すが、同時にこうもいう。
「これと同時に、北朝鮮側は、特定失踪者等についても大量に帰国させ、この問題の幕引きを図る模様です。折角拉致被害者を返したのに、特定失踪者をとどめておいて今更この問題を長引かせるつもりもなく、その余裕もないでしょう。」
どうやら40名以上の帰国がありそうだ。
とはいえ、特定失踪者は数百人にも及ぶのに、40名では数が合わなくないか。
「もともと、特定失踪者は「北による拉致の疑いが完全に排除できない者」を幅広く対象としています。これらの者の中には、調査の進展によって北とは無関係と判明する者が出るなど、拉致被害者ではない者も少なからず含まれている。拉致被害者の大半を帰国させるのであれば、特定失踪者だけをとどめ置く必要はないのですから、結果的には一度に帰ってくることになるでしょう。」
拉致被害者や特定失踪者が帰国するとなると、準備が大変なのではないか。
「拉致被害者の帰国を見越して、すでに政府は支援のための予算要求を行っています。総額15億円ともいわれる規模で、拉致被害者のみならず、特定失踪者の大量帰国があったとしても、当面は十分な手当が可能でしょう。勿論、不足があれば追加の予算措置があります。」
もうひとつ、拉致被害者等の帰国を受けて、政府は今後北朝鮮に、何らかの見返りを提供するのか。
「拉致被害者の帰国を受け、今後、政府は経済制裁を緩和し、輸出入や人的交流も復活することになります。ただ、悩ましいのが核問題との兼ね合いです。北朝鮮としては、これを機に国際社会の包囲網に風穴を開けたいのが本音です。しかし、核問題での包囲網は、アメリカの譲れない一線。同盟国の日本が勝手に包囲網を緩めることはできないので、その範囲でどこまで北朝鮮にアメを握らせるか。一案として、民間企業主体の団体を作って北朝鮮の工業団地で事業を展開し、政府はその支援をすることで、核問題に関する経済制裁に抵触しない形で、実質的に北朝鮮を経済支援することが検討されているようです。」そうはいっても、拉致被害者を帰国させるのは当たり前のことで、帰って来たからと言って北朝鮮にアメを渡す必要もないのでは。
「そういう反発が出る可能性はあります。とはいえ、北朝鮮が望む経済支援の規模は我が国の経済規模から見れば微々たる額です。いずれにしても、今まで動かなかった拉致問題を解決したとなると、そういった条件が付いていたとしても、安倍内閣の支持率が上がることは間違いありません。」
安倍内閣の支持率が上がることで、今後の政局に与える影響は。
「今回の拉致被害者の帰国を受け、福島県知事選、沖縄県知事選や統一地方選も勝利し政権基盤を盤石なものにすることは当然として、あわよくば跳ね上がった内閣支持率を背景に衆議院解散、総選挙に打って出て大勝利をおさめ、衆議院の3分の2以上を抑える。これにより連立相手の公明党がいなくても重要法案を通すことが可能になるので、今まで公明党に足を引っ張られてきた防衛分野や教育行政分野について、より安倍カラーを強く打ち出していくことが可能になります。更に、衆議院の3分の2を押さえることで、今後の憲法改正への布石にもなります。安倍総理としては、悲願の憲法改正を自らの手で成し遂げたいという意気込みは半端なものではなく、参議院でも3分の2を押さえるべく野党のうち改憲を目指す勢力も糾合して憲法改正を目指すことになるでしょう。」
今後も安倍内閣の勢いは続きそうだ。
posted by ひまわり at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

どこまで本気?ふなっしーがパクリに抗議

要するに、ふなっしーがフジテレビのめちゃイケの
番組内容に対して、「パクられた」「ゆるキャラ仲間が
ひどい扱いを受けた」という抗議をした、という
内容なのですが・・・

う〜ん、よくわかりません。
これって本気?
それとも出来レースなんですかね。

一見すると大問題にも見えるのですが、
記事の内容もおふざけ感というか、深刻さが
感じられないし(というか、そもそも記事元が
「東スポ」だし)。

まあ、ふなっしーはどんな深刻な出来事でもゆるく
してしまう、まさに「ゆるキャラ」なんでしょうね。
いっそのこと、外交官として、近隣諸国との
関係構築に使ったら役立ちそうですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00000006-tospoweb-ent
ふなっしーがフジテレビに抗議「パクリ&暴行許せない」
東スポWeb 3月21日(金)11時8分配信

 人気お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(43)とフジテレビに、ふなっしーが本気で激怒!! 今や全国的な人気者となった千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが、「フジテレビはひどい!」とブチ切れている。ナイナイ出演の同局の長寿バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」で、何の断りもなくまさに“非公認”でパクられた上、大切なゆるキャラ仲間が暴行される“事件”が起きたのだ。温厚そうな!?ふなっしーが怒りまくった舞台裏を追う――。

 あるテレビ局スタッフが、ふなっしーの“激怒ぶり”を明かす。

「『フジテレビはひどい!』『ゆるキャラを侮辱している!』と語尾に“なっしー”を付けるのを忘れるぐらい本気で怒ってたんですよ。『めちゃイケ』では、台本で怒っているフリをしていると思っていたんですけど、どうやら“ガチ”だったみたい」

 ふなっしーをキレさせた「めちゃイケ」では、昨年冬からナイナイ岡村がふなっしーを完全にパクった「たかっしー」なるキャラが登場。番組内で上戸彩(28)やアイドルたちにセクハラ行為を働くなど“暴走”ぶりも話題になっている。

 以前にふなっしーは、自身のツイッターで「いっさい許可の無いぱちものなっしー…ほんとやめてなっしー」とつぶやいている。事情を知る関係者は「本当に番組サイドはふなっしーに許可を取っていなかったみたい。ふなっしーはゆるキャラ仲間に相談して『ゆるキャラには著作権がある!』と抗議した」と明かす。

 その結果、番組サイドからは1月25日に放送された「めちゃイケ」内のコーナー「嫌いになった人」への出演を打診されたという。内容は、日本テレビ系の「好きになった人」という番組のパクリ。過去に好意を寄せ、もう一度会ってみたい人が出演するというのが本家だが、「めちゃイケ」は逆に嫌いになった人を呼ぶコーナーだった。

 収録前は「ふなっしー様」と個室の楽屋が用意され、上機嫌だったという。だが、番組内でたかっしーに扮した岡村は、ふなっしーの「ちびっ子が勘違いをする」などの抗議に対し、謝罪は一切なかった。

 今や人気タレントとしてテレビに出まくるふなっしー。もはや岡村にマネされて喜ぶポジションにはいない。ましてや自分をパクったキャラがセクハラしまくる場面など、いくらバラエティーでも許せるはずもない。

 にもかかわらず、謝罪しないどころか、さらにふなっしーの怒りの炎に油を注ぐような“事件”が起きてしまったという。

「最後にふなっしー対たかっしーで、相撲で決着をつける段取りだったんですが、行司の加藤(浩次)が、ふなっしーと一緒に出演した他のゆるキャラたちを投げ飛ばしたり、かぶりものを外してしまったんです。バラエティーだからしょうがない部分もあるけど、ゆるキャラの首などが壊れてしまいました。それでも番組サイドは気遣う様子もなく、修理費も泣き寝入りに…。それにふなっしーが激怒したんです」(前出スタッフ)

 自身が大崎一番太郎、戸越銀次郎、ちっちゃいおっさんなど“ゆるキャラ友達”に出演をオファーしただけに、メンツ丸潰れ。出演後は「みんなをもう巻き込まないなっしー! ゴメンなっしー!」と、ゆるキャラ仲間に謝罪したという。

「ふなっしーは『ゆるキャラで、しゃべれるキャラはほとんどいないなっしー。だからしゃべれないゆるキャラたちの声も代弁するなっしー!』と誓っています。ただ、根が優しくずっと低姿勢だったので、頻繁に抗議すると、『てんぐになっている』とか悪い噂が立つことを怖がっているみたいですね」(同)

 ふなっしーファンの視聴者からも、局側に抗議が寄せられたとも。こうした反応もすべて織り込み済みの“炎上戦略”という見方もできるが、それはそれで…。
posted by ひまわり at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。