2013年01月08日

ダイエット ロングブレスダイエットは効くか?

ロングブレスダイエットって、科学的根拠があるんでしょうか?
そもそも検証不能なような気が・・・。

↓は「ダイエットにも科学的根拠が必要」というブログ。お勧めのダイエットもあり。

手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(1)置き換え系ダイエット
手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(2)ファスティング酵素系ダイエット
手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(3)整腸系ダイエット



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130104-00000002-pseven-life
美木良介 ロングブレスダイエットのゴールデンタイムは朝
NEWS ポストセブン 1月4日(金)7時6分配信

 関連書籍が累計200万部を突破した“ロングブレス”。でも中には、「結果が出ない」「できているかわからない」という人も…。そんな声に応えて、美木良介さん(55才)がコツを教えてくれた。

「“深呼吸”しちゃっている人が多いね。ロングブレスの基本となる呼吸を覚え直すと同時に、1歩めからビンビン効果を感じるウオーキングをお伝えします。きちんとやれば、1か月でマイナス10才は余裕ですよ!」(美木さん。以下「」は同)

 しかし人気のロングブレス。あまり効果が感じられないという声も多い。思いついたとき、ロングブレスを実践しているのに体形に変化なし…。いったいなぜなのか?

「まず、筋肉痛になりましたか? ならないとおかしい。今まで眠っていた筋肉を動かすわけですから。最初の1分で汗が出ないなら呼吸が弱い証拠。左の“準備のブレス”で呼吸法を正しくマスターして。姿勢をキープすることが重要です」

 ではいつやるのが効果的なのか? 女性の多くは家事もあるから、できるだけ効率よく短期間でやせたいという声が多い。

「睡眠中は代謝が高まっているので、朝起きてすぐはまだ体が“代謝をしたがって”います。もちろん、他の時間に何回行ってもOK。就寝前に行えば、ぐっすり寝られて、不眠も解消できますよ」

 ではこのロングブレス、年齢は関係ないのだろうか?

「ロングブレスは、そもそも呼吸による健康法。基本のブレスは関節に負担をかけませんし、代謝を上げるのでお年を召したかたや体力のないかたは“準備のブレス”から。まずは無理せず続けて習慣化してください」

※女性セブン2013年1月10・17日号
posted by ひまわり at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。